スタッドレスタイヤの注文しました。

先日、今冬のスタッドレスタイヤ、サイズ別パタン別の販売計画を提出しました。毎年7月下旬が提出期限になっており、これからもある程度修正は対応してくれるのですがレアサイズ等はこの時期に提出しておかないと仕入ができない場合があります。ほとんどのお客様は実際に注文をいただくのではなく、車両情報、運行情報、過去の実績、取り外しスタッドレスタイヤの情報が弊社にはあるのでその情報を精査してお客様の稼働を止めないように必要なタイヤを必要な時に用意できるようにと考えて注文しています。トラック・バス用タイヤの在庫には他店に負けないと思っていますが、どうしても季節商品で翌年に持ち越すことができないため急な降雪等があると在庫がなくなることがあります。例年のことですが早めに注文いただければ助かります。よろしくお願いします。

 

トレーラータイヤ、低床化を提案

先日、お客様よりタイヤを変更することによりトレーラーの低床化ができないか問い合わせをいただきました。互換サイズでないタイヤに変更すると構造変更検査が必要になりますが、それでも低床化したいという要望で検討しました。現行サイズが825R20 14PR 外径964mmのタイヤです。245/70R195 136/134Jのタイヤだと外径843mmとなり外径で△121mm、車高は半分の約60mm落とせます。そこでホイルのオフセット、PCD、ハブ穴、ナット座等を調べて問題ないと考え提案しましたが、残念ながらハブの形状が違い195のホイルが入りませんでした。ホイルまでは調べたのですがハブの大きさまで調べていませんでした。失念しておりました。そこで今回265/60R225 143/140J 外径884mmのタイヤを提案しに伺いました。外径△80mm、車高は40mm落とせます。写真手前が265/60R225 奥が825R20のタイヤです。これにより同時にチューブレス化もできるため弊社としてもメンテナンス性が良くなると考えていたのですが、お客様としては40mmでは要望までいかないとのことで不採用となりました。弊社でできるのはタイヤ、ホイルまでです。残念ですがご要望に応えれませんでした。お客様はハブの交換も含めて引き続き検討されるそうです。

安いブリヂストン製タイヤ

先日紹介した2月発売のブリヂストンの廉価タイヤ、SEIBERLINGセイバーリングSL201が良いのか悪いのか大変好評で売れています。お客様からタイヤ交換の見積依頼があると他の商品も含め数点御見積をするのですがSEIBERLINGセイバーリングの受注率が上がっています。他社の製品と競合して弊社のSEIBERLINGセイバーリングを選んでいただいているなら良いのですが、最近感じるのがカニバリを起こしていて自社製品を食っているのでは?と思ってしまいます。上位モデルの製品説明もするのですが、SEIBERLINGセイバーリングのコストパフォーマンスは魅力です。ブリヂストンの戦略とはちょっと違うかもしれませんが顧客満足が上がるのなら良いかな?と考え始めています。新商品なのでまだ摩耗末期まで装着されたお客様はいませんが概ね好評です。お客様の要望、使用状況にあわせてタイヤをおすすめします。ぜひお問い合わせ下さい。

 

履き潰しスタッドレスタイヤ交換

写真のタイヤは減っていると思いますか?先日お客様からスタッドレスタイヤを履き潰している車両のタイヤが減っているのでタイヤ交換をしてほしいとの依頼を受けてタイヤ交換をしてはずしてきたタイヤです。大型車でパタンはブリヂストンのW900、スタッドレスタイヤのサイプが無くなっているので減ったように見えますが実寸は手前の溝が7.2mm、奥が一番減っていて6.0mmです。スリップサインの1.6mmや高速走行時に必要な3.2mmまではまだ2.8mmあります。履き潰しスタッドレスタイヤの交換のタイミングはいつも迷います。スタッドレスの摩耗末期の外観はあまり良くないので減って見えるし、排水の役割をする主溝も細いので雨の日は滑るという話も聞きます。一方ミックスタイヤと同じように3.0mm以下まで履かれるお客様も多数おられます。今回は当初12本交換で依頼を受けましたが8本だけ交換し4本はリアでもう少し履いてもらうことにしました。お客様の運行と要望を聞きながら安全運行とコスト削減の両立を模索しています。よろしくお願いします。