リトレッドタイヤのご紹介

高い安全性を誇るブリヂストンの高品質リトレッドタイヤ。
「リトレッドタイヤ」とは?

一次寿命が終了したタイヤのトレッドゴム(路面と接する部分のゴム)の表面を決められた寸度に削り、その上に新しいゴムを貼り付け、加硫※し再利用(リユース)するものです。台タイヤを再利用できるので省資源に貢献します。
※ゴムを加工する際に、硫黄および圧力・熱を加え、弾性や強度を確保する工程のこと。

「リトレッドタイヤ」が実現するメリット

・資源の有効利用
・温室ガス排出量削減(原材料調達、生産、流通、廃棄の過程で温室効果ガスを削減します。)
・経費削減

資源の有効利用:※使用する資源量と価格は必ずしも比例するものではありません。※資料:更生タイヤ全国協議会
温室効果ガス排出量削減:※日本自動車タイヤ協会編「タイヤのLCCO2算定ガイドライン Ver.2.0をもとに、トラック・バス用タイヤ(275/80R22.5)にて試算した数値となります。

トータルコストメリットを創出

リトレッドによりタイヤケースのライフを「十分に活用する」ことで、コストの大幅削減を実現します。