航空機を押す車のタイヤ交換

航空機を押す車のタイヤ交換をしました。

トーイングトラクターと言って航空機が自分の動力で基本バックをしないので押したり引っ張ったりする車両のタイヤです。写真のタイヤは

1600-25 32PR で一般産業車両に使用の場合の最大負荷能力は空気圧1000kPaで速度10km/hで15645kg、速度40km/hで10670kgです。大きな航空機を動かすのでそもそも車両の自重が40tとかあるそうです。

 

 

 

同じトーイングトラクターでも航空機ではなく空港内の荷物を引っ張る車両用のタイヤもあります。これは

28×8-15 12PR で一般産業車両に使用の場合の最大負荷能力は空気圧775kPaで速度10km/hで2360kg、速度40km/hで1715kgです。トーイングトラクター専用のパタンで耐摩耗に特化した商品です。お客様からは大きなサイズでも専用パタンの商品を作ってほしいと言われています。

 

 

 

 

 

 

さすがに上記のタイヤはどなたでも履けませんが、タイヤには様々な種類があります。お客様の運行、使用にあった商品をご提案します。タイヤのことはぜひ問い合わせください。お願いします。

記事に訂正があります。申し訳ありません。