大型車両にマーキングをします。

先日の記事で国土交通省より大型車車輪脱落防止のための緊急対策が通達されたことを御紹介しましたが、弊社としては「規定トルクでの締め付け」「適合部品の使用」の徹底、お客様に対して「増し締めの実施」「日常の点検」の周知にプラスして大型車両の作業完了後にナット~ボルトの天面にピンク色のペンでマーキングをすることにしました。乗務員様は日常点検時に点検ハンマーによる点検を実施していると思われますが振動の違いによるナットの緩みを確認するのはわかりにくいと思います。そこでマーキングをすることによりナットの緩みの確認がし易くなる効果を期待して実施します。作業完了後、数日で増し締めをするプロセスができているお客様は増し締め時に少しずれてしまうので増し締め後にマーキングすることにしました。タイヤ交換後は初期馴染みによるナットの緩みも考えられるため増し締めは道路運送車両法の点検基準にもあります。車輪脱落を防ぐためにできることは実施していきたいと考えますので、ご協力よろしくお願いします。