リトレッドタイヤ推奨の車両(ライフ)

リトレッドタイヤ推奨の車両とは一言で言うとライフの短い車両です。誤解を恐れずに言えば故障が起きる前に減ってしまう車両です。よくお客様から「このタイヤどのくらい持つの」、「何キロぐらいでローテーションに来れば良い」という質問を受けますが運行条件によってタイヤライフは10倍以上違います。2万キロで減る場合もありますし20万キロ持つ場合もあります。タイヤを減らす要因にはさまざまなことがありますが、大きな要因としてはアクセル、ブレーキが大きいです。積荷が重くてゴーストップの多い車両のタイヤが早く減ります。逆に高速道路の使用比率の高い車両はライフが延びてタイヤが長持ちします。お客様から「この車両は予備車であまり走らないのでリトレッドタイヤで良い」と言われることがありますが、そのような時はリトレッドタイヤをおすすめしません。リトレッドタイヤはよく使う車両で使用していただきたいです。タイヤライフが1年持たない車両のお客様こそ、リトレッドタイヤを安全に使用できイニシャルコストを下げることによるトータルコスト削減効果も高いお客様となります。代表的な車両としてはゴミ収集車等になります。弊社はグループ会社に㈱ブリヂストントレッドシステム(福知山市)があるためリトレッドタイヤの台付在庫が充実しています。ぜひお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。