トラックのスペアタイヤとの脱着作業講習実施しました。

トラックのスペアタイヤとの脱着作業講習会を実施しました。トラックのタイヤのスペアタイヤ脱着作業は最近はBSN(ブリヂストンサービスネットワーク)等を利用するケースが増えていますが車載工具とパイプ等があれば行えるため乗務員様に知識として知ってもらい安全に作業ができる場所ならば乗務員様に作業を行ってもらえば時間短縮、経費削減につながるため講習会を実施しました

まず作業に適した場所かどうか、スペアタイヤとの脱着が必要なのは緊急な場合がほとんどですが故障が起こった場所によっては二次的事故につながる危険があります。例えば高速道路の本線上などの場合は専門業者へ依頼することをおすすめします。

平坦な場所で安全が確認できたなら作業に入ります。路上では停止板を出して、エンジン停止とパーキングブレーキ確認、故障タイヤ以外にタイヤ止めをしてください。スペアタイヤを下します。ジャッキアップ前にナットを緩めます。ナット半周ほど緩めたらジャッキアップです。ジャッキアップポイントは車両メーカーの指定するところとしかここでは書けませんが一般的にアクスルの下部になります。ISO方式のホイルはリアのダブルタイヤもナット1つで締まっています。必ずジャッキアップして下さい。車輪を取り外し、スペアを取り付けます。ナットをできるだけ手で締めホイルの芯出しを行います。レンチで締める時は対角線で締めつけて下さい。最後に締め忘れ防止のために順周りに確認することをおすすめします。

タイヤに関すること何でも相談ください。以前の記事にも書きましたが乗務員様向けの講習会もします。よろしくお願いします。