タイヤ交換コスト削減プラン作成

昨年も記事にしましたが、弊社の強みであるトラックタイヤ交換プラスアルファのサービス、タイヤ交換コスト削減プラン提案書の作成時期です。主にスタッドレスタイヤを装着される車両を複数台所有のお客様に提供しています。まず、お客様の車両のタイヤ点検調査(TCS)を行います。次に保管タイヤの調査を行います。弊社でお預かりしているタイヤはシーズン終了後、資料を作成しているので、それを参考にします。最後に車両の運行情報や、お客様のご要望等を担当者様にお聞きしてプランを作成します。冬前も作成するのですが冬は現在のタイヤの残溝はあまり関係なく、スタッドレスタイヤが必要な車両に全数装着するので新品を装着するか?リトレッドを装着するか?昨春はずした中古を装着するか?長距離を運行する車両に新品を優先的に装着するぐらいの提案ですが、春はそれに履き潰しという現状のタイヤの摩耗状況を把握したうえで冬に費用が集中しないように年単位のコストの平準化やリトレッドタイヤの台タイヤの製造年等も勘案してプランを作成します。お客様のご要望もそれぞれなので複数プランを作成して提示することもあります。スタッドレスタイヤを毎年新品装着して履き潰しているお客様にリトレッドタイヤを絡めて春に履き替える提案をしたところ翌年にタイヤ費を20%削減することに成功した例もあります。まさに今がタイヤ屋の腕の見せ所と提案書作成に取り組んでいます。ぜひ弊社のプランを一度検討してください。