タイヤでできるコスト削減策(新車からリトレッド)

 

お客様に新車が納車されました。      
おめでとうございます。
ではリアタイヤとスペアのタイヤを交換させていただきます。
えぇ!中古車ならいざ知らず新車のタイヤを納車後すぐに交換なんて、と思うかもしれません。
同じタイヤサイズの車両を何台も所有している運送会社様では新車が納車されると程なくしてリアタイヤをリトレッドタイヤに交換して、はずした新品タイヤは他の車両のフロント用(リトレッドはフロントには装着しないようにしています。)に置いておきます。すると価格の高い新品タイヤをしばらく購入せずに済みます。単純に新品タイヤとリトレッドの価格差が1万円とすればかける9本で9万円のコスト削減です。
新車からリトレッドタイヤを装着できればこのようなことをしなくてよいのですが、新車メーカー様の指定タイヤにまだリトレッドが入っていないためにリアタイヤとスペアタイヤにも新品タイヤが装着されてくるため上記のような作業が有効なコスト削減策になります。
他にも積載量などにもよりますが新車のタイヤをミックスタイヤやスタッドレスに指定することも大型車などでは可能です。
新車購入前からタイヤのこと相談してください。よろしくお願いします。