キャリアカーのタイヤメンテナンスもしています。

キャリアカーと言って車両を積載するトレーラーのタイヤのメンテナンスも弊社では行っています。キャリアカーの後輪は他のトラックと違い、単輪で負荷を受けますし、2階部分にも車両を乗せると車両にもよりますが重心が高くなりタイヤに様々な力が加わり条件が厳しいタイヤです。また単輪のためパンク等の故障が発生すると即走行不能になったり、タイヤのすぐ横に積載物である商品車があるのでバースト等で傷をつける可能性があるためタイヤ管理には特に注意が必要です。タイヤ点検を定期的に行い、お客様のタイヤ管理のお手伝いをしています。このように条件が厳しいからか315/80R225 156/153J という空気圧900kPaで負荷能力4000kgのトラックバス用タイヤで最高の負荷能力を持つタイヤが装着されています。またブリヂストンではM885というキャリアカー専用設計のタイヤを装着しています。条件の厳しいお客様だからこそトラックタイヤ専門店の腕の見せ所と高品質なサービスでお客様から信頼されるよう取り組んでいます。これからもよろしくお願いします。