低床トレーラー用新商品入荷しました。

待望の新商品、低床トレーラー専用タイヤM746が入荷しました。235/70R175 136/134Jと235/75R175 143/141Jのタイヤでトラックの操舵軸(前輪)と駆動軸以外の車軸およびトレーラーに装着するように設計されたタイヤとなります。235/70R175のトラック用タイヤでは複輪の荷重能力が1650kgに対してトレーラー用タイヤでは2120kgとなってます。これまでブリヂストンではR170とR184しか夏タイヤは設定がなくて、他社に耐摩耗で劣りお客様の要望でこのサイズに限り弊社でも他社のほうが出荷量が多かったサイズでしたがこの新商品には期待が持てます。ミックスタイヤとしたことで耐偏摩耗が心配ですが、トレーラー専用のため、ねじれに対するブロック耐久性を強みとした商品となっており、先行して発売していた11R225のテストでは問題ありませんでした。サイズや条件が変わるので今後装着して実証していきたいと思いますが売れる予感がします。重量物運搬トレーラーのお客様ぜひ試してください。

リトレッドタイヤ推奨車両(4軸車)

リトレッドタイヤ推奨車両、第3弾4軸低床車です。最近大型車両は4軸低床車両が増えてきていますが、この車両が私見ですがリトレッドタイヤ推奨車両です。4軸車の2軸目は大変負荷がかかっているのですが、その負荷に耐えうる使用のタイヤをリトレッドしてリアで使用するには十分な能力があると考えるからです。上の図の4軸車のライフ指数を見ていただきたいのですが1軸目が120に対して2軸目が70になっています。1軸目と2軸目は同じタイヤで軸重もほぼ同じ車両が多いのですがタイヤ摩耗ライフ指数は明らかに違います。実際にタイヤ管理をしていても4軸車の2軸目はねじれの力などかなりの負担がかかっているのが想像できます。先輩からは4軸車が出始めはよく2軸目が故障したとの話を聞いたことがあります。現在では2軸目で完全に摩耗するまで使用しても故障が起きないため2軸目使用に耐えうる設計が成されていると思われます。245/70R195サイズが台タイヤも多いため良質な台タイヤが確保できているということもあると思いますが、4軸低床車にリトレッドタイヤを装着しての故障は外的要因含めて販売本数のわりには少ないです。よって4軸低床車にはリトレッドタイヤをおすすめします。

 

タイヤ交換コスト削減プラン作成

昨年も記事にしましたが、弊社の強みであるトラックタイヤ交換プラスアルファのサービス、タイヤ交換コスト削減プラン提案書の作成時期です。主にスタッドレスタイヤを装着される車両を複数台所有のお客様に提供しています。まず、お客様の車両のタイヤ点検調査(TCS)を行います。次に保管タイヤの調査を行います。弊社でお預かりしているタイヤはシーズン終了後、資料を作成しているので、それを参考にします。最後に車両の運行情報や、お客様のご要望等を担当者様にお聞きしてプランを作成します。冬前も作成するのですが冬は現在のタイヤの残溝はあまり関係なく、スタッドレスタイヤが必要な車両に全数装着するので新品を装着するか?リトレッドを装着するか?昨春はずした中古を装着するか?長距離を運行する車両に新品を優先的に装着するぐらいの提案ですが、春はそれに履き潰しという現状のタイヤの摩耗状況を把握したうえで冬に費用が集中しないように年単位のコストの平準化やリトレッドタイヤの台タイヤの製造年等も勘案してプランを作成します。お客様のご要望もそれぞれなので複数プランを作成して提示することもあります。スタッドレスタイヤを毎年新品装着して履き潰しているお客様にリトレッドタイヤを絡めて春に履き替える提案をしたところ翌年にタイヤ費を20%削減することに成功した例もあります。まさに今がタイヤ屋の腕の見せ所と提案書作成に取り組んでいます。ぜひ弊社のプランを一度検討してください。

リトレッドタイヤ推奨の車両(3軸車)

先週リトレッドタイヤ推奨車両を記事にしましたが別の視点で推奨できる車両を紹介したいと思います。大型車でフロントタイヤとリアタイヤのサイズが違う車両です。フロントタイヤが295/80R225や295/70R225が装着されていてリアタイヤが11R225や275/70R225が装着されている増トン車と言われる車両やフロントタイヤが255/70R225や265/60R225が装着されてリアタイヤが245/70R195や225/90R175が装着されてリアが低床化された車両などです。リアタイヤがフロントにローテーションされることがないので、リトレッドタイヤを装着することによりローテーション作業が不都合にならない車両だからです。リトレッドタイヤを装着するとフロントに装着できないためローテーションがやりにくいと採用しないお客様もおられますが上記の車両は新品タイヤを装着してもフロントとリアのローテーションはできないためリトレッドタイヤを装着しない理由にならないからです。フロントタイヤがリアに装着できずにどうしても使い切り感が悪くなりますが、リトレッドタイヤを採用してコストを落とされたらどうでしょうか?リトレッドタイヤに関すること、ぜひ相談ください。