春のタイヤ履き替え資料作成中

3月後半になると春の履き替えがはじまります。冬に履いたスタッドレスタイヤを夏用タイヤにまた戻します。中にはよく走るお客様で12月にスタッドレスタイヤを装着して、そのまま1年間履き続けてまた12月に新品スタッドレスタイヤを購入頂けるお客様もありますが、なかなか1年間でタイヤが完摩しないのとスタッドレスタイヤは溝がまだ深い時はゴムの動きも大きいので燃費が悪くなりコスト増となるため、新品を装着した年の春は、はずして翌冬にまた装着するお客様がほとんどです。そこで必要なのが、どの車両ははずしてどの車両は履き潰すか?またはずした夏用タイヤはあるのか?そのタイヤはフロントで使えるのか?リアで使った方が良いのか?新品タイヤが必要なのか?リトレッドタイヤが必要なのか?そうすると春の予算はどのくらいなのか?翌冬の予算はどのくらいなのか?を試算してお客様に提案します。そのための資料として夏タイヤの在庫や現在装着中のスタッドレスタイヤの状況を知る必要があります。夏タイヤの在庫は先日の記事にも書きましたが1月に取り組んだので、今は現在装着中のタイヤチェックサービス(写真)の真っ最中です。春の提案は冬のことも考えると何通りも考えられるのでタイヤ屋の腕の見せ所ですお客様の御要望に応えられるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

廃車時にタイヤ費削減

先日、タイヤ点検の報告にお客様を訪問した時、今月廃車にする予定の車両がある情報をいただきました。そこで廃車予定の車両のタイヤ情報を確認するとフロントタイヤに昨年交換したばかりのタイヤ(写真左)が装着されてていることがわかりました。また同じサイズ装着の他の車両で交換時期がせまっている摩耗のすすんだタイヤ(写真右)があることもわかりました。そこで、そのタイヤを付け替える事を提案し、付け替える了承を得ました。お客様にすれば大型車のフロントタイヤだったので2本で約10万円するタイヤ交換費用が1万円以下でできたことになります。車両代替時には有効なコスト削減策なのですが、お客様も車両のことでお忙しいためタイヤのことまで手がまわらず、そのまま廃車されることがよくあります。今回はスタッドレスタイヤを装着するお客様ではありませんでしたが、春と冬に定期的にメンテナンスをするお客様の場合には廃車予定を教えていただいて数か月前から廃車時を予測してタイヤを選択し装着することもあります。車両の代替や廃車情報を教えていただければタイヤ管理もそれに合わせてご提案します。

タイヤごとの摩耗ライフ

お客様からR225とM800とW900(写真左から)の摩耗ライフの資料が欲しいと依頼がありました。他社と比べるために具体的な数字を要求されました。それぞれ比較することは可能ですが具体的に、「このサイズの摩耗ライフは約何キロです。」とはお答えできません。運行状況、メンテナンスなどで数倍違います。地場車両などはアクセルとブレーキが多いので大型車でも10万キロ持たないですが、高速道路の使用頻度の高い車両などは30万キロ以上持つこともあります。ちなみにメンテナンスをしてやると耐摩耗性が良いのはM800次にR225、W900は写真でもわかるかと思いますが一番ゴム量は多いですがメガ発泡ゴム採用で柔らかいため耐摩耗性は悪くなります。しかし高速使用頻度の高いW900より地場車両のM800のほうが摩耗ライフが悪くなることもあります。よって摩耗ライフをタイヤのパタンだけでお答えするのは難しくなります。お客様には実際にお客様の取引履歴からこの車番の摩耗ライフは何キロと言えますと答えてあくまでも代表例ですべての車両に当てはまるわけではありません。と回答しました。またリトレッドタイヤも採用されているお客様だったので、また摩耗ライフが違うことを説明しました。

さまざまなタイヤからお客様にあった適合品を選んで、その性能を最大限引き出せるようメンテナンスして支援するのが弊社の役割です。タイヤのことは何でもご相談ください。よろしくお願いします。

タイヤ保管サービス

スタッドレスタイヤの装着がほぼ終わり、はずした夏タイヤの倉庫整理をしました。お客様から預かった夏タイヤの棚卸をしてお客様に報告します。在庫情報は春の履き替えの提案の資料にもなるので弊社でも在庫を把握することは重要になります。本数を数えるだけでなく、残溝や偏摩耗の状況によって次に履くときにフロントで使用できるかリアでしか使用できないかなどの情報も記録していきます。弊社の倉庫は店舗併設の豊中倉庫と猪名川倉庫になります。タイヤ保管サービスをご利用のお客様には説明していますが。お客様によっては猪名川倉庫に預かっていますので、御来店頂いてもタイヤがない場合があります。ご来店いただく数日前に連絡をいただけるようお願い致します。冬と違い春の履き替え時は履き潰すという選択肢が増えるので運行状況、タイヤの状況、お客様の管理者の御要望、乗務員様の御要望等を総合して冬の事を考えて提案することになります。履き潰したほうが良いか履き替えた方が良いかタイヤ点検後、提案しますので不明な点があればぜひ相談ください。よろしくお願いします。