ボルト締め付け後の初期なじみ

11月中旬より連日スタッドレスタイヤの装着に多数ご来店頂いております。ありがとうございます。この時期、特に注意が必要なのが車輪脱落事故防止についてです。昨シーズンも1月31日に国土交通省より日常点検と増し締めの再徹底の文書が出されました。弊社としてもブリヂストンの作業標準にしたがって規定トルクでの締め付けをし、締め忘れ防止のためのルールを確認、徹底して車輪脱落事故は絶対に起こさないと考えていますが国交省の文書にもあるように初期なじみによる締め付け力低下というものがあるのをご存知でしょうか?弊社の作業で防げる事故は防ぐつもりでいますが、お客様にも事故防止のために 1、日常点検の確実な実施 2、一定走行後の増し締めの実施をお願いしています。増し締めは作業をした全車両できてないのが実情ですが、お客様によっては作業から数日後必ず増し締めに来店されるところもあります。特にハブ、ホイル、ナットが経年劣化により傷んでいる車両にナットの緩みが多いと思います。そういう車両には特に増し締めの実施をすすめるようにしています。これからも事故防止に努めていきますのでよろしくお願いします。

001170615

荷物を積んでタイヤ交換できますか?

今年は寒波が早く来たようで例年より早くスタッドレスタイヤの交換が推移しています。11月中旬から来店のお客様が増え始め今日まで継続して来ていただけています。ありがとうございます。さて、先日のバランサーの紹介に続いて機材シリーズです。タイヤ交換をするためにはタイヤを車両からはずす必要があります。大型建設車両などで車両につけたまま交換する場合もありますが、ほとんどの場合車両からはずさないとタイヤ交換ができません。そのために車両をジャッキアップしタイヤを地面から浮かします。その時に使う機材がジャッキになります。弊社で主に使っているのが写真奥からガレージジャッキ、フロント用電動油圧ジャッキ、高床ブースタージャッキ、低床ブースタージャッキです。それぞれ能力は違いますが低床用でも20トンの能力があります。よくお客様から荷物を積んでいるけどタイヤ交換できますか?という問い合わせを受けます。もちろん荷物を積んでいない時の方が安全上良いかもしれませんがジャッキの能力は荷物を積んでいても大丈夫ですと答えています。弊社では4トン以上の車両では安全上センター部、一点のジャッキアップは行っていません。それ以下の車両でも可能であれば2本がけするようにしています。需要期に入ってから2台ほど故障して修理中ですが、写真のジャッキがフル稼働で頑張ってくれてます。まだスタッドレスタイヤに交換されてないお客様、今年は必要ではないですか、問い合わせお待ちしています。

25台のお客様が来られました。

先日、土曜日ということもあり25台のお客様が来られました。ありがとうございます。ピーク時は作業までに1時間以上お待たせしたお客様もいて申し訳ないです。ほとんどがスタッドレスタイヤへの交換でした。6本装着の車両や12本装着の車両があるので仮に1台8本とすると200本交換したことになります。出張作業を含めると1日で50台以上スタッドレスを装着させていただきました。ありがとうございました。

ところで、4トン以上のトラックのスタッドレスタイヤに大きく分けて2種類のタイヤがあるのをご存じでしょうか?ブリヂストンでは氷雪系と総合系という言い方をしています。氷雪系の代表するパタンが写真右のW900です。発泡ゴム採用で氷上性能に優れていますがゴムがやわらかいのか耐摩耗性が悪く、運送会社のお客様はほとんどが1シーズンで履き潰されています。総合系の代表するパタンが写真左のW910です。氷上性能はW900ほどではないですが耐摩耗性は良く、運送会社のお客様は2シーズン履いて履き潰されるお客様が多いです。弊社のお客様の比率で言えばW910の方が多いですがW900を一度履いてしまうとその性能に魅了されるのかW900でないとダメというお客様も数多くいます。お客様の運行状況やご希望に沿って提案させて頂きます。よろしくお願いします。

スタッドレスタイヤへの交換

雪の便りも聞くようになりました。スタッドレスタイヤへの交換はされましたか?弊社では連日、スタッドレスタイヤへの交換作業をすすめていますが来店のお客様には長時間お待たせしたり、出張のお客様にはご要望時に行けなかったりとご迷惑をおかけしています、申し訳ありません。しかし、昨年、店をオープンする前よりはかなり改善できていると思っています。来店される乗務員様も概ね好評を頂いております。店舗ではトラック用タイヤチェンジャーが1台から2台になり、2t車クラスもできる乗用車用チェンジャーも1台あります。ジャッキの数は倍増どころではなく、4軸車が2台入庫しても同時にジャッキアップできるだけ数をそろえました。何よりトラック、バス専用としたことにより作業効率が格段に上がり作業スピードも上がりました。出張作業の方も、外注業者含め3台のサービスカー全てにタイヤチェンジャーを搭載し作業効率、作業品質のアップに努めました。写真のように台数のあるお客様には2台で作業を行い、1日に100本以上作業することが可能となっています。

これからも安全で確実な作業を効率よくできるように改善をすすめ、お客様へのサービス向上に努めますのでよろしくお願いします。